ビジネスリーダーズ・カンファレンス

2020/10/09 (金)

変化の先へ~“データ価値を最大化させる経営”実現に向けて~

ニューノーマル&デジタル経済への大変動の中、そのカギを握る「データを有効活用させる経営(データ・ドリブン)」実現に向けて、情報資産から価値を生み出す「ROD(Return On Data)」に基づく経営・ビジネス、データ活用を企業間や社会全体でシェアするための基盤創り、政府や企業などが個人データを活用できるようにするためのルールのあり方等、多角的な視点で「データ価値を最大化させる経営」を発信します。

MOVIE 見逃し配信動画

タイムテーブル

0:00:40-1:00:50
日経クロストレンドプレゼンツ
「アフターコロナの世界のデータ活用と日本社会の変革への処方箋」
1:01:00-1:30:10
日本テラデータ
「データを最大の企業資産とする、データ活用の進め方~1000のユースケースから見えてくる最善策~」
1:30:25-2:02:00
KPMGコンサルティング
「New Normalにおける次代への経営変革~経営者が見出すべき日本企業の未来への活路とデータ利活用~」
2:02:20-3:03:50
HONGO AIセッション
「大企業とスタートアップの連携で生み出す新たなイノベーション」
3:04:00-3:34:55
キーエンス
「キーエンスの高収益を支えるデータ活用とは?」
3:35:10-4:06:15
特別講演(AIビジネス推進コンソーシアム)
「デジタル人材育成最前線 ~コロナ禍後の成長に向けて~」
4:06:35-5:09:00
CDO Club Japanプレゼンツ
「データ価値を最大化させるROD(Return On Data)実践に向けて」
~DXを進める企業のCDOを迎えてのパネル討議~

SCHEDULE スケジュール

  • 10:00 11:00 (60min)

    日経クロストレンドプレゼンツ
    「アフターコロナの世界のデータ活用と日本社会の変革への処方箋」

    データサイエンス

    アフターコロナ

    デジタルトランスフォーメーション

    ニューノーマルに向けたデータによる価値創造の活用事例や個人データの活用をめぐる国内外の取り組みについて議論します

    • 太田 祐一

      太田 祐一 Yuichi Ota

      DataSign 代表取締役社長

      DMPやMAツールなど企業主体でパーソナルデータを活用するシステムを開発してきたが、不透明な状態でのデータ収集・活用に限界を感じ、データ活用の透明性確保と個人を中心とした公正なデータ流通を実現するため、DataSignを設立。初の通常認定情報銀行「paspit」を運営。一般社団法人MyDataJapan 常務理事。
      ISO/TC 307 Blockchain and distributed ledger technologies 国内審議委員会 委員。
      総務省・経産省 情報信託機能の認定スキームの在り方に関する検討会 委員。
      一般財団法人 情報法制研究所 研究員。

    • 鈴木 良介

      鈴木 良介 Ryosuke Suzuki

      こゆるぎ総合研究所 コンサルタント・代表取締役

      野村総合研究所を経て、2020年独立。ビッグデータ・IoT・人工知能などのテクノロジーが事業・社会にもたらす影響の検討および新規事業立ち上げ支援を行う。科学技術振興機構戦略的創造研究推進事業CRESTビッグデータ応用領域領域アドバイザー。著書に『データ活用仮説量産フレームワークDIVA』(日経BP、2015年)

    • 市嶋 洋平

      市嶋 洋平 Yohei Ichishima

      日経BP シリコンバレー支局長

      1996年日経BP入社、通信業界誌「日経コミュニケーション」、IT業界誌「日経コンピュータ」で、IT企業やオープンソース、通信行政、リスクマネジメントなどを取材。2009年から3年間、日本経済新聞社で電機業界を担当。14年3月に「日経ビッグデータ」を創刊し、ビジネス部門や経営のケーススタディやデータ市場を中心に取材。18年4月、シリコンバレー支局に赴任。19年に「シリコンバレーの次はシアトルだ、AIゲームチェンジャー」を出版。早稲田大学理工学研究科(工業経営)修了。新潟県出身。

    • 杉本 昭彦

      コーディネーター 杉本 昭彦 Akihiko Sugimoto

      日経BP 日経クロストレンド発行人

      1991年立教大学社会学部卒業後、日経BP社に入社。調査部門などを経て、雑誌「日経ネットナビ」、日本経済新聞社東京編集局産業部などでインターネット業界の取材を長年続ける。2007年の「日経ネットマーケティング」(11年より日経デジタルマーケティングに誌名変更)創刊時より副編集長、13年4月より編集長。14年1月より「日経ビッグデータ」(2014年3月創刊)編集長。18年4月より日経クロストレンド開発長 兼 日経クロストレンド副編集長、19年4月より現職。日本ディープラーニング協会G検定(ジェネラリスト検定)合格。

  • 11:00 11:30 (30min)

    スポンサー講演
    「データを最大の企業資産とする、データ活用の進め方~1000のユースケースから見えてくる最善策~」

    • 川村 佳世子

      川村 佳世子 Kayoko Kawamura

      日本テラデータ ビジネスコンサルティング事業部 事業部長

      日本アイ・ビー・エムに入社、サービス事業におけるデリバリー部門の責任者、金融機関のお客様を担当するパートナー、保守サービス事業部門の営業責任者などの要職を歴任し、ビジネスの拡大に貢献。2019年よりテラデータに入社し、現職となるビジネスコンサルティング事業部 事業部長に就任。データ分析、データ管理領域から日本企業のDX実現に寄与する。

  • 11:30 12:00 (30min)

    スポンサー講演
    「New Normalにおける次代への経営変革~経営者が見出すべき日本企業の未来への活路とデータ利活用~」

    • 宮原 正弘

      宮原 正弘 Masahiro Miyahara

      KPMGコンサルティング株式会社 代表取締役社長 兼 CEO

      アーサーアンダーセンのビジネスコンサルティング部門、米国・ロサンゼルス事務所、KPMGニューヨーク事務所を経て、あずさ監査法人のアカウンティング・アドバイザリー・サービス(AAS)事業部長、アジア上場アドバイザリーグループ責任者を歴任後、アドバイザリー企画部長に就任。2017年7月よりKPMGコンサルティングにて代表取締役社長を務める。

    アンケートへご回答いただきましたら、
    資料のダウンロードURLをお送りいたします。

  • 13:30 14:30 (60min)

    HONGO AI セッション
    「大企業とスタートアップの連携で生み出す新たなイノベーション」

    AI

    スタートアップ

    人材育成

    スタートアップのエコシステム確立、人材育成、大学研究のビジネス転用などをテーマに議論をしていきます

    • 谷崎 勝教 Katsunori Tanizaki

      三井住友フィナンシャルグループ 執行役専務 グループCDIO

      東京大学法学部卒業後、株式会社住友銀行(現 株式会社三井住友銀行)入行。
      13年 株式会社三井住友銀行 常務執行役員
      18年 同 取締役兼専務執行役員 兼 株式会社三井住友フィナンシャルグループ取締役執行役専務グループCIO兼グループCDIO。
      19年 同 専務執行役員 兼 株式会社三井住友フィナンシャルグループ執行役専務グループCDIO。現在に至る。

    • 芳賀 敏

      芳賀 敏 Bin Haga

      住友商事株式会社 常務執行役員 メディア・デジタル事業部門長補佐 兼 デジタル事業本部長

      1986年慶應義塾大学経済学部卒業後、住友商事株式会社入社、自動車本部配属。豪州・英国に駐在し、自動車小売会社のM&Aや事業再生を担う。船舶事業部長として大型商船事業にも従事。2016年より欧州住友商事株式会社社長、2018年より経営企画部長を歴任。経営企画部長としてオープンイノベーションラボ「MIRAI LAB PALETTE」の創設や社内起業制度「0→1チャレンジ」の制定など、全社のオープンイノベーションを推進。2020年より現職、DXセンター長として住友商事グループのDXの推進、CVC活動、及び、コーポレートITに従事。

    • 川上 登福

      川上 登福 Takayoshi Kawakami

      株式会社 経営共創基盤 共同経営者 マネージングディレクター

      商社、GEを経てIGPIに参画。IGPIでは、AI/DX・先端技術領域、産学連携、スタートアップ支援、組織・人事のプロジェクトを統括。
      ㈱IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス 代表取締役CEO
      ㈱名古屋工業大学共創基盤 代表取締役社長
      ㈱松尾研究所 代表取締役CEO
      ㈱FTL 代表取締役CEO
      日本ディープラーニング協会 理事
      他スタートアップ顧問、NEDO・SIP等委員多数

    • コーディネーター 生川 暁 Akira Oikawa

      日本経済新聞社 AI・量子エディター

  • 14:30 15:00 (30min)

    スポンサー講演
    「キーエンスの高収益を支えるデータ活用とは?」

    • 峯尾 翔太 Shota Mineo

      株式会社キーエンス データアナリティクス事業グループ

      コンサルティングセールス、営業マネージャ、データ分析などを経験したのち、現在はキーエンスの新規事業である『データ分析ソフトウェアKI』の立ち上げに従事。幅広い業界へ、キーエンスのデータ活用ノウハウを展開中。

  • 15:00 15:30 (30min)

    特別講演
    「デジタル人材育成最前線 ~コロナ禍後の成長に向けて~」

    • 竹川 隆司

      竹川 隆司 Takashi Takekawa

      一般社団法人AIビジネス推進コンソーシアム 理事
      株式会社zero to one 代表取締役CEO

      国際基督教大学教養学部卒。野村證券にて国内、海外(ロンドン)勤務等を経て、2011年より米国ニューヨークにAsahi Net International, Inc.を設立。同社代表取締役として、高等教育機関向け教育支援システム事業のグローバル化を推進。2016年に株式会社zero to oneを設立し、AI含めた高度IT分野の人材育成をオンライン中心に推進。大学院大学至善館特任准教授も務める(「AI・データ時代のデジタルリテラシー」)。2006年ハーバード大経営学修士(MBA)。現在も米国オンライン教材を自身で積極的に履修し、MIT「Artificial Intelligence: Implications for Business Strategy」(2019年)、UC Berkeley「Artificial Intelligence Strategy」(2020年)など修了。

  • 15:40 16:40 (60min)

    CDO Club Japan プレゼンツ
    「データ価値を最大化させるROD(Return On Data)実践に向けて」
    ~DXを進める企業のCDOを迎えてのパネル討議~

    デジタルトランスフォーメーション

    経営・組織

    • 楢﨑 浩一

      楢﨑 浩一 Koichi Narasaki

      SOMPOホールディングス株式会社 グループCDO 執行役常務

      1981年早稲田大学政治経済学部卒業、同年三菱商事株式会社入社。シリコンバレー駐在を経験。ベンチャーの魅力に惹かれ、2000年に現地で転職後、5社のソフトウェアスタートアップで事業開発や経営に携わり、シリコンバレーに通算12年在住。
      2016年5月、SOMPOホールディングス株式会社グループCDO執行役員に就任、2017年4月より現職。また、2019年11月Palantir Technologies Japan株式会社代表取締役CEOに就任(SOMPO CDOとの兼務)。
      米MBA、米CPAに加え、情報処理安全確保支援士、ITストラテジスト、プロジェクトマネージャ、第1級陸上無線技術士、電気通信主任技術者、DeepLearning G検定等々ICT関連の資格を多数保持。

    • 小巻 亜矢

      小巻 亜矢 Aya Komaki

      サンリオエンターテイメント 代表取締役社長

      株式会社サンリオエンターテイメント代表取締役社長。サンリオピューロランド館長。
      東京出身、東京大学大学院教育学研究科修士課程修了。
      1983年(株)サンリオ入社。結婚退社、出産などを経てサンリオ関連会社にて仕事復帰。2014年サンリオエンターテイメント顧問就任、2015年サンリオエンターテイメント取締役就任。2016年サンリオピューロランド館長就任、2019年6月より現職。
      子宮頸がん予防啓発活動「ハロースマイル(Hellosmile)」委員長、NPO法人ハロードリーム実行委員会代表理事、一般社団法人SDGsプラットフォーム代表理事。

    • 加茂 純

      加茂 純 Jun Kamo

      一般社団法人CDO Club Japan 代表理事

      東京大学理学部情報科学科卒
      米国イリノイ大学院コンピューターサイエンス学科修士(AI)
      電通に入社 味の素 トヨタ インテル マイクロソフト アップルを担当。インテル入ってる コピー創案
      電通ロスアンゼルス支社にてデジタルラボを創設、チーフストラテジスト
      シリコンバレーのセコイアキャピタル、マークアンドリーセン氏のバックで、Harmonic  Communications社をシリコンバレーにて創業、アジア統括担当副社長、日本支社長
      PwCコンサルティング 戦略部門ディレクターに就任 マーケティングエクセレンスグループ創設
      立教大学ビジネススクール兼任講師(マーケテイング、CSR,ブランド)
      CMOワールドワイド株式会社設立
      2017年 一般社団法人CDO Club Japan設立 代表&創立者

    • 水上 晃

      コーディネーター 水上 晃 Akira Mizukami

      一般社団法人CDO Club Japan 理事・事務総長

      1998年:横浜市立大学卒
      1998年:京浜急行電鉄にてグループ戦略・経営企画担当
      2003年:コンサルティング業界にて活動開始
      2012年:デロイトトーマツコンサルティング合同会社 情報通信セクター シニアマネージャー
      2015年:PwCコンサルティング合同会社 情報通信セクターディレクターのち、デジタルユニット 先端技術リーダー マネージングディレクター
      2018年:一般社団法人CDO Club Japan 理事・事務総長

お問い合わせ先
Data Society Fes 2020 登録事務局
受付時間
10:00~18:00/土・日・祝日を除く
TEL
03-3554-4453
メールアドレス
dsfes@stage.ac