Data Society Fes 2020 ビジネス・ディベロップメント・フォーラム開催
DXシフトによる価値創出へのヒント満載

目次

プロセスをつなげ、学習、進化を繰り返す

2日目のトップバッターはコマツの四家千佳史氏が務めた。DX特別講演のテーマは「スマートコンストラクションで実現する、建設産業のデジタルトランスフォーメーション」。顧客の望む、安全でクリーン、生産性の高いスマートな建設現場をつくるには、顧客のプロセスにDXを起こさないといけない。従来の個々の施工プロセスをデジタル技術で最適化しても、安全、生産性の向上は限定的だ。そこで四家氏は「当社は顧客のプロセスにDXを起こすのは、すべてのプロセスが「つながる」デジタル化だと考えている。従来、現場のオペレーションは人間の勘と経験に依存してきたため、高度化の余地は大きい。つながるデジタル化で今後も顧客の価値創造を図っていきたい」と話した。

四家 千佳史氏

続くネットアップの近藤正孝氏は「データを軸にしたグローバル企業のDX」をテーマに講演を行った。多くの日本企業のIT部門はシステムの管理、運営に多くの経費を使い、DXの推進ができていない。そこで近藤氏は「管理、運営の経費を半分に抑え、あとの半分で新しいことをやるべきだ。目先の計画ではなく、数年レベルで改革を行い、ITを投資レベルに変えていく必要がある」と指摘した。IT部門は進化、成長する必要があり、IT部門のDXは終わりのない旅路のようなもので、学習、進化の繰り返しが求められている。「進化には人、プロセス、技術が必要で、特に人材が欠かせない。まずはやってみて課題を見つけ、次のフェーズへと進む。その繰り返しが有効だ」と近藤氏は述べた。

近藤 正孝氏

データ活用の自由度を高め、ビジョンを共有

データブリックス・ジャパンの岡本智史氏は「世界の先進的なAI/機械学習の事例を一挙に紹介! スターバックス、HSBC、ボッシュがデータブリックスを活用して『データとAIの民主化』を実現」テーマに、先進事例を取り上げ、その実践ポイントを解説した。いま企業間競争はデータの獲得、活用の時代になっており、AIの活用も爆発的に増加している。その理由として、コンピューターの計算能力の大幅な向上、クラウドコンピューティングのコスト低下、学習データの増加などを挙げ、「これからはデータ+AIの時代になる」(岡本氏)と主張した。しかし、現実にはわずかなデータしか活用されていない。そこでAIの可能性を引き出すには、「誰もがデータを使いやすくすることが必要だ。データとAIの民主化を強力に推進する」と岡本氏は語った。

岡本 智史氏

次に登壇したのは伊藤忠テクノソリューションズの久保田さえ子氏。「ビジネス変革を実現し成果をあげるDX成功へのアプローチ」をテーマに講演した。DXの課題として「ビジョン」「人材」「組織体制」「アジリティー」の4つを挙げた。中でもビジョンが大きな課題で、会社としての明確な目標設定がない。DXの推進では、「企業の戦略、ビジョンに向けて、経営者のコミットメントの下、部門の関係者が「何を実現したいのか」「自社の現状や課題」「とるべきアクション」について認識を共有した上で、具体的な施策を実施し、結果を評価して見直す。「それを組織全体で共有し、同じゴールを目指すことが重要だ」と久保田は主張した。

久保田 さえ子氏

これからの世界で必要なデジタル戦略

日本テラデータの髙橋倫二氏は「データ活用 for サバイバル~ニューノーマル時代のDX成功術~」について講演した。「将来を見据え、サバイバルのためにDXに再投資し実行する。これがニューノーマル時代のDX成功の道だ」と高橋氏は話し始めた。デジタル化したデータを活用し、DXを成功させ、ビジネスを成長軌道に戻すために、1つ目に、エグゼクティブがデータを最大の企業資産と認識する。2つ目に、ビジネスを変革するため、顧客の何を知りたいかを明確にして顧客をより理解する。3つ目が、必要なすべてのデータを集め、統合し、最新のアナリティクスで大規模に活用する。4つ目が、分析結果をもとにビジネスプロセスを最適化し続ける仕組みを確立する。この4つが重要だと高橋氏は語った。

髙橋 倫二氏

最後に登壇した中外製薬の中西義人氏は「中外製薬のデジタルトランスフォーメーションへの挑戦」と題するDX特別講演を行った。医薬品のR&Dの生産性は年々下落しており、中西氏は「デジタルを活用した創薬に取り組む必要性が高まっている」と製薬業界の現状を紹介。同社はデジタル技術によってビジネスを革新し、「社会を変えるヘルスケアソリューションを提供するトップイノベーターになる」というビジョンを掲げている。基本戦略として、デジタル基盤の強化、すべてのバリューチェーンの効率化、デジタルを活用した革新的な新薬創出の3つを挙げ、「デジタルによって殻を破りビジネスを革新する」と中西氏は強調した。

中西 義人氏

DX推進のための課題の見える化、ボトルネックとなる要素、課題解決に必要なテクノロジー、推進を加速する上で必要な対応策など、さまざまなヒントが紹介されたビジネス・ディベロップメント・フォーラム。自社に合った対応を見つける上で参考となったに違いない。

  • 1
  • 2
コラム一覧へ戻る